• HOME
  • 会社情報 - 沿革

[会社情報]沿革

1964年10月
吉城薬品工業株式会社・田辺製薬株式会社吉城工場として操業を開始
海外提携メーカー品の「小分け包装」工場として設立
設立の経緯
1963(昭和38)年11月低開発地域工業開発促進法の施行により、指定を受けた古川町が、町内の最大手企業アルプス薬品工業株式会社小倉源蔵社長の斡旋により、当時製品の急増に伴い最終工程の小分け包装施設の拡充を必要とした田辺製薬を誘致、同法適用第1号工場として1964(昭和39)6月基本契約調印、同年10月より吉城薬品工業株式会社の操業を開始した
2001年 7月
社名を「田辺製薬吉城工場株式会社」に変更 子会社として独立
2003年-
少量多品種の小分け包装工場に特化
2006年5月
受託営業開始(インターフェックスジャパン初出展)
2007年 9月
治験薬の初出荷
2007年10月
田辺三菱製薬グループに

小量品・治験薬・製剤見本包装のことはお気軽にお問い合わせください。0120-036-808(受付:平日9:30~16:30)インターネットでのお問合わせはこちらから
少量多品種生産が可能な最新設備と長年培った技術と経験に基づいて、お客さまのご要望に応じてご提案します。